自分の思いを相手に伝えるのって難っ^^ですよね。

前回の記事の続きです。
その内容は

・声を出す癖をつけると気力が出る
・逆に出てない人は気力が弱い
・筋トレの時など身体を動かす人は声を上手く使ってパフォーマンスアップしている
・ちなみに僕は、お風呂が好きで「あ”~」とか、朝は起きて「ん”~~」とかやってます。

今回は、その声に出す言葉をガンガン
周りの人や自分の脳に響かせる為には?

自分で声を出して気力を高める時は
まず、どんな声でもいいので出してみる。
慣れてきたら、大きく出して自分を洗脳していく。

そして、さらに周りの人にドーーン!と響かせる為には
自分の想いを「真っすぐ」・「大きく」伝える事が大事です。
ちょっとこれだけだと再現するのが難っですね。

「真っすぐ」・・・例えば1対1の時は、相手の目をしっかり見る。
1対複数だったら1人1人の目を出来るだけしっかり見る。
場の雰囲気を感じ取りながら話す。

「大きく」・・・伝えたい事・言葉の本気度の大きさ。どれだけ魂がこもっているか。

学校の先生で眠くなる、眠くならない。
人の話でも耳に入ってくる人とそうでない人。
っていますよね。

話術・話の進め方とかもあるけど
本当に伝えたい言葉があれば、想いは「大きく」なっていきます。

一番伝わるのは、実体験。
だから、通販番組は体験者の声を中心に作られるんですね。

言葉に魂を込めるのは、自分が伝える側の時は難しいけど
受け取る側の時は、普段から誰でも感じてますよね。

例えば
・あの政治家は言葉が・・・
・あの学校の先生は・・・
・あの芸能人は・・・

何となく伝わる、伝わらないが
他の人と一致しますよね。

感じる事は出来てても、自分の言葉は伝わっているのか?
これも、実は身体が元気な人の方が伝わるんです。
身体元気=気持ちも元気=相手に思いが伝わりやすい

僕は社交辞令とか苦手で、思ってない言葉は軽くなります。
本当に思っている事を言うときはスッと出るようになりました。
でも、「大きさ」はまだまだ、修業中なんで色んな所で練習ですね。

コンビニの店員さん。ご飯食べた時の店員さん。色んな所に感謝を言う人はいますからね。
これは、声の大きさではなく気持ちなんです。

ライン限定情報配信中なので、ぜひご覧下さい!
友だち追加

横浜市営地下鉄「立場駅」 徒歩10秒(サイゼリヤ2F)
初回相談無料・出張施術・土日祝日も営業中で、
今だけ初回料1,000円が「無料」になっております!

本格整体で肩こり、腰痛からおなかの悩みまで全て解消!!
お身体の悩みは横浜泉区にある「あきば整体院」にお任せ下さい!

〒233-0016 横浜市泉区中田西1-1-20 クロシェットポナール202
受付時間:10:00〜21:00(電話受付 9:00〜)
定休日:水曜日、日曜日
電話番号:045-443-8710 
http://www.akiba-seitai.com/

人気記事

関連記事