・便秘より下痢のほうがまし!?

はい。そうです。溜めこむよりも悪いものが身体から出て行ってるから!!

どっちも辛いことは辛いです。僕はどっちもなります。子供の頃から学生時代、サラリーマン時代とずっと35年以上は下痢しか経験が無かったですが、整体の世界に入ってから環境が変わったのが原因なのか?わかりませんが便秘があります。
と言っても慢性で悩んでる方から見たら長くても1日ぐらいなのでなんとかなります。

「下痢の方がまし」はなぜかというと、悪いものが身体から出て行ってるからです。ノロウイルスにかかったり、胃腸炎になると下痢を止めないで出した方が良いとも言われてます。
東洋医学では昔から「身体から出るものは出し続ける」方が身体には良いと教えています。(出る物の質や量にもよります。)
例えば吹き出物、目ヤニ、ゲップなど病気に関係ないように思えるものでも、どこかの内臓の負担を教えてくれているサインなのです。長年の便秘が続いてる方はゲップが多めに出る人もいるようです。
これはガスや便が排出されないので、口からゲップという形でガスを排出しているのです。

もっと進行して腸の調子が悪くなると、ゲップもおならも出なくなります。消化器全部の機能が衰えてしまってます。腸内洗浄の経験がある方はわかると思いますが、大腸がきれいになると肌がつやつやになります。吹き出物も一気になくなっていくようです。
温泉などでゆっくり長めに湯船につかると翌日は特に肌の調子が良いですね。これは肌だけ良くなったのではなくて、内臓が温められて大腸の血流も良くなっている証拠なのです。

身体から出る物が極端に激しい痛みなどを伴う場合は病院に行った方が良いと思いますが、それ以外でしたらなるべく出し切ってしまった方が良いでしょう。薬で症状を抑えるのもいいですが、それを毎回やっていると内臓にどんどん負担がかかって、その負担が身体のどこかに痛みとして出てきてしまいます。

痛みが出るとサインに気付きますが、サインが出ないまま(薬で痛みを麻痺させていたり、身体から出る物を強制的に抑えていると)長年過ごしているとガンになってしまいます。長年の蓄積が一気に解放されるのが一番怖いです。

・便と尿について

現代社会で自分の排泄に関心を持っている人はどれくらいいるのでしょうか?

・尿について

年を積み重ねていくと尿のトラブルも多くなります。キレが悪い、夜中トイレで起きてしまう、尿漏れ、頻尿などです。病院に行っても「年ですね。」など解決策はなく薬に頼るしかないかな・・。でも良くなっている方がいるのも事実です。
一番は血流の回復です。

運動はしてるよ!!という方でしたら特定の筋肉の働きが弱っている可能性があります。「中山式自然療術」は内臓に直接働きかけるので運動と合わせれば改善は早いでしょう!
膀胱自体が弱っている場合と尿道など臓器を支える筋肉が弱っている場合、両方が弱っている場合などありますが、やはり基本は血流(老廃物をしっかり回収できているか)です。
「え~、整体で尿トラブルが治るの!?」
と思っている方でも、ちょっとしたコツで夜中トイレに行かなくなったり、おしっこのキレが良くなったり、頻尿が改善したり良い方向にいきます。ぜひご相談ください。

・便通について

当店の「おなかのちから」という店名に興味を持ってくれている方がかなり多いことに私自身驚いてます。

それだけおなかを心配されている方が多いという事でしょう。おなかを気にしている方の多くは、便秘下痢が通常の状態、小さいころから普通の事。物心ついた年ぐらいで友達同士や家族との会話の中で

「え?便は毎日出るのが普通の状態だったの?初めて知った。」
とか
「おなかが痛くなってからトイレに行くのが普通じゃなかったの?」
など

自分の“普通”と“正常の状態”は違っていたのに気付く事もあるみたいですね。
快便、おなかがスッキリするとはどういう感覚かわからない、もしくは関心がない方がいると思います。僕も過去、関心が無かった人間の一人です。小さいころから下痢が当たり前。おなかが痛くなったら便のサイン。

「便意」というよりは「痛い」でした。当店に来ていただいてる方も90%ぐらいは便秘か下痢の方です。特に女性はおなかにある臓器が男性よりも多い為、血流が悪くなりやすく、腸の働きが鈍りやすいです。腸の働きが鈍りやすい他の要因はストレス、運動、食事とあります。

・理想の便の出方は?

「便はフンバッテするもの」確かに僕自身もそう考えていましたし実際便秘の時はそうですね。

息を止めて踏んばると身体全体に負担がかかります。肛門だけではなくて身体全体です。便秘の方や便が固い方以外は、呼吸を深めにゆっくりした方が出やすいはずです。
呼吸をゆっくりしても出にくい方は無意識に身体に力が入ってる可能性があります。身体の状態が良い時、3本柱(食事・運動・ストレス)が良い時は踏んばらなくてもすんなり出てくれます、かなりスムーズです。

そして、理想の便の出方は
・朝起きてからコップ一杯の水を飲んだくらいで、便意がある。
・決まった時間になると食事をしなくても便意が来る。
・ほとんど肛門が汚れない。

あくまで“理想”です。ご飯を食べたら必ず出る方もいるでしょう。ある程度サイクルが出来てる方はいいと思います。ただし1日でも3本柱(食事、運動、ストレス)の何かがくずれると、便が硬くなったり柔らかくなったりします。
悪くなるのアッという間ですが、良くなるまでのスピードは長く感じてしまう場合が多いです。
悪い状態が当たり前の人は肛門のトラブルに発展したり、大腸のポリープが見つかったり、若くても直腸ガンや結腸ガンなどいろんな病気の心配があります。特に女性はガンの死亡原因部位別で大腸ガンがトップになりました。これはおそらく便秘の方が多い為でしょう。

・下痢は治るの?

はい。治ります。

前述しましたが、僕もサラリーマン時代にずっと下痢でした。便が正常になると疲れにくい、冷えが解消する、など身体が元気になっていくのを感じました。過敏性腸症候群など自分ではどうにもならない便意が頻繁にある方・・・、これも辛いですね。

精神的な部分の影響もありますが、トイレが気になって外に出かけられないから家でずっと過ごしていると余計に外に出たときの緊張感が大きくなります。

小さい一歩から始めましょう!
・汗をかく、老廃物を便以外で排出することが大事です。筋肉を刺激すると、脳にも大きな影響があり頭もすっきりします!!
・10分20分ぐらい家の周りを歩く。
・家の中でストレッチをする。
・お風呂を長めに入っておなかをよく温める。などです。

温めると直後に下痢になってしまう方はあまり気にしない方がいいです。身体の正常な反応です、温めると免疫力が高くなり悪いものを身体の外に出そうとします。おなかが痛くならずに、ただ便の回数が多い方はそこまで気にすることはないです。温めることを習慣化することが大事です。

・豆知識
動物の正常な働きというか、本能としては「吸収」の前に「排泄」なのです。「排泄」よりも先に「吸収」を常にしている動物は人間だけのようです。動物で便秘があるのも人間だけのようですね。(人間が飼っているペットは別です。)
本来、動物は体になにか異変を起こすと下痢などで悪いものを外に出す働きが起こります。
「出す」方が「入る」ことよりも先になることで健康・正常な働きがあります。「呼吸(はいて・すう)」「出入口」「出納長」「オギャーと息を吐きながら生まれて、最後は息を引き取る」
(石原結實先生【イシハラユウミ】の《食べない健康法》から引用)

便秘と下痢って治るの?パート②へ

横浜市営地下鉄「立場駅」 徒歩10秒(サイゼリヤ2F)。初回相談無料・出張施術・土祝日も営業中で今だけ初回料1,000円が「無料」になっております!

【1日3名様 & Web限定】 初めて整体を受けられる方限定。「お試し料金 40分 2,000円(カウンセリング・検査・施術含む)」ご来店 & ご予約の際には「キャンペーンを見た」とお伝え下さいませ。 皆様に大変好評を頂いております♪

整体教室・整体スクール経営の「芯伝整体」もやっています!いつでも無料にて見学 & 体験教室を受付しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。※ プロの同業種の方から主婦、会社員の方まで個別に親切丁寧に教えています

本格整体で肩こり、腰痛からおなかの悩みまで全て解消!!お身体の悩みは横浜市泉区にある「あきば整体院」にお任せ下さい!

〒233-0016 横浜市泉区中田西1-1-20 クロシェットポナール202
受付時間:10:00〜21:00(電話受付 9:00〜)
定休日:水曜日・日曜日
電話番号:045-443-8710
無料相談 & お問い合わせはこちら

LINEからでもお友達に追加して無料相談 & ご予約受付中です。ライン限定情報配信中なので、ぜひご覧下さい!
友だち追加

関連記事

人気記事