横浜市泉区にあるあきば整体院が考える田中先生の考根論とおなか整体の関係

おなか整体師あきばの見解です。

僕が施術するおなか整体は筋肉をメインに全身の調整をしていき途中、途中でおなかの調整(内臓の調整)をします。施術の要所、要所ではおなかを触ります。

施術最後におなかが「温かく・柔らかく・程よい弾力がある」この状態になっていると回復力は高い体質だな。と分かります。

しかし、不思議なことに、この治るちからが高い人ほど身体に無理をできるので、自分から運動や食事など気をつけようとはしない傾向があります。(実際に患者さんにお話を聴くと当てはまる方が多いです。)

おなかは人間の根本。にもありました「人間のヌカ床を整える」
・漬ける野菜の前処理=よく噛む
・つける量は適度にする=腹八分目
・ヌカ床をよくかき混ぜる=血流を良くする・水分の調節・温度の調節

この3つは患者さんに実践してもらって初めて効果が出てくるものです。僕の施術は痛みを取るきっかけにしてもらい、その後は腸に良い事を習慣にしていくと痛みの出にくい身体、回復力が高い身体へ変化していきます。

田中先生が「人の本性、本質を見ている」とありましたが、確かにおなかを触っているとその患者さんがどんな性格なのか、だんだんと分かってきます。

今では田中先生の病院には全国から患者さんが集まり、その中には脳の病気と思われている「うつ病、不眠症」などの方もいて、おなかの診察と漢方の処方で効果が出ている方がたくさんいるようです。

豆知識 不健康になった野菜

2000年に発表された「日本食品標準成分表」が改定されました。
これによると、過去18年間でホウレンソウに含まれるカルシウムの量は2分の1に、ビタミンCは3分の1に減少しています。
また、大根ではカルシウム、ビタミンCともに8分の1にまで減少しています。

これらの野菜は大きくなり収穫量も増えていますが、外見は立派になったのに中身は薄い。
どうしてでしょうか?
おそらく化学肥料を大量に使い土壌の中の有益な微生物が減少してしまったからでしょう。
人間も同じように食物を含む生活習慣の変化から腸内細菌の減少が起こって、病気に弱い人間を作っているという見方もできるかもしれません。

まさしく「おなか」とは土と同じであることが言えます。良い土で健康に育ったものを食べてこそ健康な腸管、身体が保たれ健全な生活を営むことが出来るという事なのでしょう。

豆知識その2 腸内細菌の不思議

ニューギニアのある部族は全ての人ではないですが、動物性たんぱく質を取らないのだそうです。

芋ばかりを食べているのにとてもたくましいとか。実は彼らのおなかでは空気中から呼吸で取り込んだ窒素分をタンパク質に合成できる腸内細菌が活発に活動しているらしいです。
栄養は摂取するものという常識を覆す出来事です。この低タンパクに慣れた彼らはたまにお祭りで豚を食べておなかをこわして、死にいたる事もあるそうです。

普段から動物性タンパク質を取っている民族が植物性タンパク質を取っても死ぬことはないでしょう。ただ、もの足りないと感じるだけです。それだけ動物性タンパク質は人間にとっては負担になる可能性があるという事です。

横浜市営地下鉄「立場駅」 徒歩10秒(サイゼリヤ2F)。初回相談無料・出張施術・土祝日も営業中で今だけ初回料1,000円が「無料」になっております!

【1日3名様 & Web限定】 初めて整体を受けられる方限定。「お試し料金 40分 2,000円(カウンセリング・検査・施術含む)」ご来店 & ご予約の際には「キャンペーンを見た」とお伝え下さいませ。 皆様に大変好評を頂いております♪

整体教室・整体スクール経営の「芯伝整体」もやっています!いつでも無料にて見学 & 体験教室を受付しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。※ プロの同業種の方から主婦、会社員の方まで個別に親切丁寧に教えています

本格整体で肩こり、腰痛からおなかの悩みまで全て解消!!お身体の悩みは横浜市泉区にある「あきば整体院」にお任せ下さい!

〒233-0016 横浜市泉区中田西1-1-20 クロシェットポナール202
受付時間:10:00〜21:00(電話受付 9:00〜)
定休日:水曜日・日曜日
電話番号:045-443-8710
無料相談 & お問い合わせはこちら

LINEからでもお友達に追加して無料相談 & ご予約受付中です。ライン限定情報配信中なので、ぜひご覧下さい!
友だち追加

関連記事

人気記事